DAY BED with RHYTHMOS

2017年のはじめにRHYTHMOS の飯伏くんから「今年のashでは鹿児島在住の家具作家さんと一緒に家具をつくってそれを発表したいのですが・・・」と、そのうちの1人として誘いを受けました。
色々とアイデアはあったのですが、その中でも僕が飯伏くんと1番つくりたかったのがこのデイベット。
ただ納品間近に私が怪我をしてしまい、若干納得いかないままの状態で発表する事に・・・

ashが終わってから直ぐに引き上げに行き、納得いっていない部分(クッションの下に取り付けたウェーブスプリングの取り付け方法)の改良を進めました。
バネを全て取り外して試行錯誤。そしてやっとのことで、理想の納まりにたどり着きました。

最近はクッション材の種類も増えてきたので、ウェーブスプリングを使った椅子に出会う事が少なくなったような気がします。座り心地、寝心地は最高です。

今後は飯伏くんと相談しながらクッションにかけるカバーのバリエーションを増やしていく予定です。

※スチームフレームのジョイント部分にイギリス製のキークランプという既製品の金物を使っていますが、この金物の上から飯伏くんに革張りしてもらっています。
売れっ子革職人にこんなことさせていいのでしょうか・・・?笑
今後も張り続けてもらう予定です!!

こちらでもこのデイベッドについて紹介しています。