リバーバンク川辺

昨年の9月ごろから、他の仕事の合間合間でつくってきた「リバーバンク川辺」の食堂棟が、やっと完成しました。

豊かな自然に囲まれた「森の学校」。

廃校後も地元の方々から愛される場所だったからこそ、当時の原型を失うことなく維持されてきたのでしょう。

そんな長い歴史を持つ場所に、新しい建物をデザインするのはとても難しいと思いましたが、リバーバンク川辺の代表理事の坂口さんから、「川畑さんが発信しているGOOD-TIME PLACEは、とてもいい考えだと思う。GOOD-TIME PLACE的な要素が、ここにも絶対必要だと思う」と熱く語られ、そんな風に評価してくださっていたことがとても嬉しく、「是非やらせてください!」という気持ちでデザインと施工を引き受けさせていただきました。

完成まで時間はかかってしまいましたが、これまでつくってきたGOOD-TIME PLACEの集大成とも言える素敵な空間に仕上がったと思います。

リバーバンク川辺は、ちょっとだけ不便な場所にありますが、日常生活から気持ちをリセットするにはかえって程よい距離かと思います。多くの方々を豊かな気持ちにさせてくれる場所になってくれれば、と期待しています。

余談ですが、ここでは毎年8月に、大人も子供も楽しめる音楽フェスが開催されます。県内外の方々、鹿児島に家族で訪れるには絶好の機会かと思いますよ。

最後に、お声掛けいただいた坂口さん、そして工事に携わってくださった業者の皆様にお礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました!

----

以前に、ブログでも紹介しています。

BRUTUS 8/15号 『居住空間学 再生編』

竃(かまど)のあるガーデンキッチン

----

リバーバンク川辺:https://riverbank.jp/

----